嫁 不倫 制裁

嫁の不倫相手に制裁する合法的な方法

嫁の不倫相手に制裁する合法的な方法。たとえ嫁はんの姦淫が突き止められたとしても、自らで復讐しない方が賢明です。理由としては、自分自身で懲罰を与えると、自らの立場が弱くなってしまうためです。

 

相手に過失があるからと言って、家内に大声でどなりつけてしまったら、ドメスティックバイオレンスを評定されて離婚裁判になった時などに桁外れに立場が弱くなります。

 

凄まじい声の調子で糾弾されたので精神障害にかかったと診断書を医療機関で書かれて、嫁が法廷に手渡してしまう場合もあります。

 

または、密夫のことを突き倒してやりたいと怒りに燃える方もおられるのは当然の気持ちですが、姦夫へ傷害を加えると自分自身が罪人となってしまいます。

 

もし暴行を働かなかったとしても、絶叫して怒鳴りつけてしまった時には脅迫罪で被害届を出されるケースも多いです。

 

自分の言葉で懲らしめを加えようとすると、ひどくしがない終わりになる可能性が高い。

 

嫁の不倫への制裁の失敗例

 

上さんが車内で浮気相手と唇で愛撫していたにも関わらず・・・。

 

妻の帰りが深夜になったので、職場に駆けつけてみたところ、案の定鍵が閉まっていました。

 

パーキングエリアに嫁はんの軽ワゴン車があり、なんと間男と接吻をしているではありませんか。

 

それを目撃して心神喪失しそうになってしまいました。

 

義憤のあまり、扉を開いて声を張り上げて叱咤して、浮気相手の身分証明書を取り上げ、慰謝料接収をやりました。

 

だけれど、しばらくして密夫の弁護士から書面が来て、私がしてしまった行動は脅迫罪に相当するから、お巡りさんに被害届を提出すると告げられました。

 

さらには、車の助手席で口づけしていた行為だけだと不倫ではないので、密会の慰謝料を支弁する債務は無いというのです。

 

こちらとしてはとても混迷してしまいました。

 

嫁さんが奸夫とキスしている現場を目撃して、不倫に相当しないなんて何を言っているんだと考えました。

 

結局のところ、示談ということになりましたが、こちらとしては悔しい感じです。

 

 

嫁 不倫 制裁記事一覧

嫁の不倫相手への制裁として慰謝料請求をする方法。上さんの情事が発覚した折は甚だ衝撃ですよね。嫁はんの姿勢が露骨に他人行儀になってしまって、ペアの仲が退転してきたと感じていたら、絶えずLINEをいじるようになり、家の事や食事の用意を概してすることがなくなってしまって、旅行することが連続的になった時。アベックの愛を深める行為が無くなり、コミュニケーションがほとんどなくなった。亭主との性生活はすっぱりし...