嫁 浮気 制裁

嫁の浮気相手に制裁

嫁の浮気相手に制裁として高額な慰謝料請求をして復讐する方法。

 

慰謝料の相場である200万円より高い金額を要求する合法的な手段を解説!

 

信頼していた嫁の浮気が発覚したときは、激しい憤りの気持ちと虚無感がおさまりませんよね。

 

 

嫁のスマホに、他の男とデートしている写真や、自撮りした手ブラヌード写メが保存されているのを見てしまったとき。

 

会社の出張で外泊しているはずなのに、寝室に置いていたコンドームやピルの量が減っているのを発見してしまったとき。

 

タンスの中に見たことの無い派手な下着やアダルトグッズがあるのを見つけて、不倫しているのではないかと怪しんでいたら、化粧をして華やかな服装で外出して帰りが遅くなることが増えたとき。

 

 

嫁が他の男と仲良くしているところを考えてしまうだけで嫌なのに、まさか行為に及んでいることを想像してしまうと、もう脳裏から離れなくなって怒りが込み上げてきます。

 

嫁の浮気相手に慰謝料請求!公的制裁

自分の配偶者が不貞行為をした場合、浮気相手に請求できる相場は200万円となっていますが、弁護士を通して行うことによって500万〜1000万円の慰謝料を獲得できることもあります。

 

もちろん、浮気相手が慰謝料の支払いに応じずに裁判となった場合には、裁判所が決める慰謝料の目安は200万円前後です。

 

けれども、弁護士が浮気相手に示談交渉をした場合には、500万〜1000万円の慰謝料を要求することも可能です。

 

 

不倫相手の経済状況や、弁護士の交渉力によって金額に差は出ますが、嫁と浮気されたのに200万円じゃとても足りないという方は多いですよね。

 

浮気の慰謝料請求には確かな証拠が欠かせませんから、弁護士自身が探偵事務所を経営している会社もあり、そこは高額な慰謝料請求をした実績が圧倒的に多いです。

 

合法的に高額な慰謝料請求をして、浮気相手に制裁したい方はこちらへ

 

→ 弁護士経営 探偵事務所

 

 

絶対に自分で制裁しないで下さい!嫁の浮気

 

たとえ嫁の浮気が発覚しても、自分で制裁するのは止めた方がいいです。

 

なぜなら、浮気相手に自分で慰謝料を要求すると、言い方によっては脅迫罪で逆に訴えられることが多いからです。少しでも乱暴な口調になってしまうと、それが脅しと見なされて、相手が弁護士を付けてこちらを訴えてくるケースがよくあります。

 

また、不倫相手と直接話しているときに、相手がふてくされた態度や挑戦的な発言をしてきた場合、思わず手が出て殴ってしまうというのが男ってもんですよね。実際に、浮気相手に危害を加えて傷害事件になることも少なくありません。

 

 

あるいは、嫁に対して大声で怒鳴ったり、顔を叩いてしまったりした場合も、DV(家庭内暴力)と見なされて離婚の原因になってしまったります。

 

できるだけ、自分が不利になるような言動は避けましょう。

 

自分は浮気をされた被害者なのですから、決して犯罪の加害者にならないように、弁護士を味方に付けて合法的な制裁を下しましょう。

 

 

嫁の浮気への制裁で失敗した事例

 

浮気の証拠が不十分で話が進まない・・・

 

嫁の態度がよそよそしくなってきて、四六時中スマホをいじっているので、妻がお風呂に入っている間に見てみたら、LINEで他の男と恋人同士のような会話をしていたり、私の悪口を言っていたりしていました。

 

こんな浮気は許せないと思い、妻を叱責して、相手にも慰謝料を要求しようと弁護士に相談に行きました。そうしたら、法律的には配偶者が他の相手を不貞行為をしていなければ浮気とは見なされないので、LINEでのやり取りだけでは不倫の慰謝料を請求する権利はないと言われてしまいました。

 

 

脅迫罪で訴えると言われてしまい・・・

 

共働きの妻の帰りが夜遅くなる遅くなることが増え、土日も何かと理由をつけて外出することが多くなったので、小型のGPSを嫁のバックに忍び込ませておきました。

 

そうすると、ラブホテルにしばらく滞在していたので、すぐさま現場に直行しました。一緒にいた男と駐車場に来させて、怒鳴りつけました。暴行するのはなんとかこらえましたが、激しい口調で慰謝料を要求し、「支払わなかったらただじゃおかないからな」と勢いに任せて言ってしまいました。

 

一週間後、浮気相手の弁護士から手紙が届いて、「今回は示談で済ませるということではどうか。でなければ、あなたを脅迫罪で訴えることになる。」と書かれていました。

 

泥沼にはまってしまい、こちらの立場が有利な状況で話を進める機会を失ってしまいました。

 

 

嫁が車の中で他の男と抱き合っていたのに・・・

 

私の嫁は専業主婦なので、普段は家にいます。玄関には防犯カメラを設置しているので、自宅に男を連れ込むということは無いのですが、車で出かけることはあります。

 

土日は家族で過ごすことが多いのですが、週に一度の習い事のときは夕方から夜まで家を空けていい日を用意しています。

 

 

しかし、習い事が終ってすぐくらいの時間に急用で嫁のスマホに連絡をしたら電源が入っていないようだったので、習い事の教室に電話をしてみたら、今日は休んで来ていないとのことでした。

 

どこへ行ったのかと探しに出かけたところ、たまたま嫁の車を発見したので近づいていったところ、男と抱き合っているのを目撃してしまいました。

 

目の前が真っ白になり呆然としていたら、二人が気づいてひたすら私に謝ってきましたが、その声が遠くに聞こえるほどショッキングでした。

 

 

合法的な制裁として慰謝料請求をしようと弁護士に相談したのですが、法的には不貞行為をしていなければ不倫と判断されないとのことでした。

 

私からすれば、他の男と嫁が抱き合っている時点で浮気なのですが、性行為に及んでいなければ不倫ではないなんて、おかしな法律だと思いました。

 

悔しい気持ちをどうすることもできず、妻との関係は最悪です。

 

 

こんなことなら、不貞行為に及ぶまで徹底的に追跡調査を依頼しておけばよかったと後悔しています。

 

更新履歴